市販のシミ消しクリームを妊娠や産後の美白ケアに活用

妊娠中は 今まで通りにシミのケアを続けたい、

 

という方だけでなく

 

妊娠中にシミが増えてしまったので何か美白ケアを始めたい、

 

という方も増える時期でもあります。

 

 

また、産後にシミが気になってケアをはじめたい、という場合 授乳中にシミ消しクリームを使って良いのか気になる方も増えます。

 

 

何かと敏感な時期ですので 美白ケアについても気になるものがありますよね。

 

目次

 

 

シミ消しクリーム,妊娠中,産後

 

市販のシミ消しクリームは 妊娠中や授乳中も使えるものが多くなっています。

 

 

ハイドロキノンなどの成分も 妊娠中の使用について所説ありますが、日本で市販されているシミ消しクリームの場合 配合濃度が低いため 原則として問題ありません。

 

特に使用について表記があるもの以外でしたら、妊婦さんや産後すぐの方も使えると考えてよいでしょう。

 

 

ですが、この時期に使う際の注意点がいくつかあります。

 

 

妊娠、産後すぐの間は 何かとお肌の環境が目まぐるしく変わりやすい時期。

 

いつものような肌コンディションをキープするのが難しいこともあり、シミ消しクリームがお肌に刺激に感じやすい時期でもあるのです。

 

 

ですので 今まで問題なく使ってきた市販のシミクリームが急に合わなくなる、ということもあります。

 

その場合は 使用を中断して 別のシミ消しクリームを使うよふにしましょう。

 

 

また、新たに市販のシミ消しクリームを使う際には 必ずパッチテストをして確認してから使うようにしましょう。

 

 

 

シミ消しクリーム,妊娠中,産後

 

妊娠中や産後は シミが増えやすい時期として知られています。

 

特に 薄いぼんやりしたシミが増えやすくなっています。

 

 

実はこのシミの正体は 肝斑。

 

 

肝斑は 薄いシミ状のものが 広い範囲で出てくるお肌のトラブル。

 

肝斑は 妊娠・出産時期に急激に変化する ホルモンバランスが原因と考えられています。

 

紫外線の影響でメラニン色素ができるシミとは違います。

 

ホルモンバランスが原因ですので、産後しばらくすると 徐々に気にならなくなることが多いのです。

 

 

とはいえ、何もケアをしないでいると 紫外線の影響で肝斑が濃く見えるようになったり、シミそのものを増やしてしまうことにもなります。

 

 

特に産後は お肌のケアそのものをする時間が無くなりがち。

 

保湿などが十分でないお肌は 紫外線の影響を受けやすくなり シミが増えやすくなります。

 

まずは お肌のケアと紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。

 

その上で 市販のシミ消しクリームでケアをしてゆきましょう。