市販のシミ消しクリームで敏感肌のケアも

敏感肌の方は スキンケア製品を選ぶのに 何かと大変ですよね。

 

ましてやシミ消しクリームなどの美白ケア製品となると 刺激になりやすい、といったトラブルもありがち。

 

とても神経を使いますよね。

 

でも、敏感肌の方でも 市販のシミ消しクリームでのケアができます。

 

目次

 

 

シミ消しクリーム,市販

 

敏感肌の方にとってシミ消しクリームなどのシミケアアイテムは なかなか相性が良いものが見つかりにくい、という悩みがあるのではないでしょうか?

 

敏感肌の方が 市販のシミ消しクリームで上手にケアをするコツや選び方をご紹介しましょう。

 

 

 

シミ消しクリームには メーカー毎に さまざまな美白成分が配合されています。

 

そのうち 一部の美白成分は お肌に刺激になりやすい、赤みが出やすいものがあります。

 

効果が実感しやすいということで 敏感肌の方がこのタイプのシミ取りクリームを使うと、特に刺激に感じることがあります。

 

ですので、どのような美白成分が配合されているのか、よくチェックして使うようにしましょう。

 

 

具体的には ハイドロキノンが パワフルな働きをするぶん、お肌に刺激になりやすいことで知られています。

 

そのため、日本では市販のシミ消しクリームへの配合認可がようやく最近になって取れたという歴史もあります。

 

そういった性質の美白成分ですが、市販のシミ消しクリームの場合 メーカーによっては よりお肌に刺激になりにくいよう工夫して配合していしているものもあります。

 

 

 

シミ消しクリーム,市販

 

では、刺激になりにくい美白成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

代表的なものとして ビタミンCやアルブチンがあげられます。

 

どちらも シミ消しクリームなどの美白コスメに長年配合されており、安全性の高さで知られています。

 

特にアルブチンは ハイドロキノンと似た構造ですが お肌により刺激になりにくい美白成分。

 

ハイドロキノンに興味があるけれども刺激になる、という方は アルブチンを試してみるというのも良いでしょう。

 

 

 

最近では 敏感肌のための美白ケア製品も市販されています。

 

このようなアイテムは 特に敏感肌を研究し、より安心して使える独自の成分が配合されています。

 

赤みなどが出にくく シミやくすみのケアができると人気を集めています。

 

敏感肌の方は このようなタイプのシミ消しクリームを使うのもおすすめです。

 

 

 

敏感肌の方が新たにシミ消しクリームを購入する場合、まずは少量サイズでしっかり試すようにしましょう。

 

どのクリームでも まずは実際に使ってみないと合うかどうかは分かりません。

 

現品サイズを購入してしまって いまいち、となった場合 お金がムダになってしまいますね。

 

また、もったいないから、ということで無理して使い続けるのはNG。

 

まずは トライアルなど少量で試してみるようにしましょう。

 

 

人気の市販のシミ消しクリームは トライアルセットなどが手軽に通販で取り寄せできるものが多くなっています。

 

いずれも数日〜1週間程度しっかり使える内容ですので お肌に合うかどうか確認ができます。

 

これなら大丈夫、と思ったものを リピートするようにするのがおすすめです。